TARO的,ジャズ新世代特集('03版)

編者コメント

わたくし事で恐縮ですが,わたしがジャズを聴き始めた20年程前は,マイルスが存命で,メセニー,ジョンスコ等が売れはじめ,ウェザーやジャコや,ブレッカーやサンボーン等が活躍してました。そして現在のジャズシーンをみると,なんと(亡くなった方を除くと) いまだに彼らが第一線,ジャズ雑誌をみても彼らの特集ばかりです。

これは,いつまでも我々にわかりやすい音楽シーンであると同時に,「もしかして時代に取り残されているのでは?」などと不安になることもあります。ある意味音楽の世代交代は,新しい音楽の出現,または若いファンの参加に必須なものです。現在,ジャズシーンでトップスターとも言えるメセニーとかも既に50代へ入ろうかとしています。

そこで,今回はメセニー等の世代の後を担うであろうジャズミュージシャンから,わたしがここ数年で気になっている人たちを取り上げます。新世代と言っても,だいたい10年以上活躍している30代くらいの人であり,話題性ではなくある意味十分実績もある人たちです。というか,わたしとしては,もうちょっと取り上げられてもいいんじゃないか?と思う人たちです(日本での話です)。

紹介と簡単なアルバム紹介

ジョシュア・レッドマン

テナーサックス奏者。1969年生まれ。父親は同じくサックス奏者のデューイ・レッドマン。そのせいか93年のデビュー時から結構な注目を集めます。若いころからメセニーをゲストに向かえたりしてデビューしてからずっと注目されてきた人だとは思います。とはいえ,どうも最初の頃は人気先行というイメージが強く今一つピンと来ませんでした。

個人的に気になり出したのは「yaya3」と「エラスティック」を聴いてから。このバンド,キーボードのサム・ヤエルのやってることが非常におもしろいんですが,その上で非常にポップに吹きまくるジョシュアのサックスもカッコイイです。ある意味コルトレーンの呪縛から完全に解かれた,自由な歌を吹きます。このバンドについて書くと,ベースレスのトリオ,キーボードがベースラインを弾きながら演奏をするので,コードが厚くなり過ぎないところがいいです。また音楽的にもポップでありながら,インプロビゼーションを展開していて,若々しくエネルギッシュな演奏を聴かせます。

ジョシュアという人は若いころから注目を集めてましたが,ある意味,ずっと日の当るところにいたゆえの「良さ」があり,ポップさをもったまま,かつ新しい挑戦をやっているところにこれからの期待を感じます。

アルバム紹介

ELASTIC
サム・ヤエル(kb),ブライアン・ブレイド(dr)とのトリオ。 このバンド自体は前作yaya3からで,前作をみるとサム・ヤエル の方がキーマンなのか?…という気がしましたが,本作はジョシュア名義。 楽曲もジョシュアの曲のみとなってます。 ベースレスのトリオで前作がサム・ヤエルがオルガンのみだったのが, 本作ではシンセなどを多用し,幅のある楽曲を展開してます。 このバンドでのライブをみたことがありますが,キーボードが繰り出す ベースラインがかなりかっこ良く,そのうえでポップに 吹きまくるジョシュアが印象的でした。本作も聞き所は 同じですが,ベースレスのトリオという事で,いい感じに 隙間があり,このバンドのコンセプトの良さを感じさせます。
またここで選んだ理由はテクニックとか正統派とかいうのではなく,むしろ新しい世代らしく,彼らのジャズをやっていると思った人たちです。なんとなくわたしは共通的な臭いを感じました。その臭いを一言で言うと,「ポップ,アナログ,クラブ」という感じです。
それと,新世代の中にはすでに大スターであり,巨匠とたくさん共演して,自己のアルバムでもそういう人たちを起用し,話題性のあるアルバムを出している人もいます。しかしそういう人の作品はすでに旧来のファンの耳にも届いているでしょうから,今回はその手の作品は極力避け,若いメンバーでつくっている作品をピックアップしようかと思ってます。
上記の条件から,現在の若手でもっともスターの素質があると思われる,リチャード・ボナは省きました。まぁ彼の場合多くの人が取り上げてくださるので,いいでしょう。また,今回は性質上「東海岸」に縛られた話ではありません。
by TARO:Oct. 6th, 2003

カート・ローゼンウィンケル

ギタリスト,1970年生まれ。わたしが彼に注目したのはマークターナーのバンドで来日(2001年)した演奏を生で見たときです。それまであまりアルバムとかを聴いてもピンと来てなかったんですが,生で演奏を見て驚いたのを覚えてます。ピアノレスのバンドでギターを使って非常に多彩なサウンドをつくっていく,コードボイッシングも独特で不協和音とかエフェクタで音を厚くしたり薄くしたり多彩でした。

気になり出すと不思議なものでつい耳が行きます。音色も結構特徴のある,「コロコロした」サウンドでフレーズを弾いたりします。空間的なプレイも多く, ECM系のギタリストとの共通性も感じるんですが,単なるフォロワーではなく,今風のクラブ風のサウンドも熟知している感じです。

最近ギタリストに元気がないというか,現在流行ってるサウンドはあまりギターの重要性がないものが多い…と思ってましたが,彼に関してはそういう中できちんと自分のサウンドをつくっている感じがします。

アルバム紹介

Heartcore
カート自身がかなりうち込みをしていて,その上でプレイしている アルバムです。それゆえにちょっと生演奏的な熱さは期待出来ません。 しかし,彼のギターサウンドは相変わらず浮遊間がありかつコロコロと した特徴のあるもので,彼の音が好きな人にはたまりません。 もっともやはりここでは彼はプレイヤーというよりはクリエータとして いる気がします。テクノっぽい切り貼り的な音も使ってますが, 全体的にアンビエントな感じになってます。

ブラッド・メルドー

1970年生まれ。ピアニスト。

彼は長らく有名ですでに彼自身のトリオ,またはソロで評価されているのでご存じの方も多いでしょう。ただわたしは彼のトリオやソロは追求している事がどうもストイックすぎて…ちょっと…という感じがあり,また上記の「ポップ,アナログ,クラブ」という視点には合わない…と思ってたのですが,去年だしたアルバム「ラーゴ」においては,大胆なリズムの導入で新しい音楽シーンを消化しようという試みに耳を惹かれました。

もっとも彼自身がこのアルバムをプロデューサの意見でつくった…という様なことを言ってるのが気になりますが(^^;),私自身はこの路線をもうちょっと探求して欲しいと思います。

ピアニストとしてはちょっと特徴のある音で,ストイックな演奏をします。でも,ピアノソロでもradioheadの曲とかを取り上げているところから,ジャズ純潔主義者ではないと思ってますが…。サイドマンとしての演奏では結構幅の広い演奏をしていて,自己の探求ぶりの割には結構音楽性自体は広いのでは?…とか思ってます。

アルバム紹介

LARGO
今までトリオとかソロとかで作品を発表していた彼が, ロック的要素を採り入れ,いろいろと試みをしているアルバムです。 もっとも彼自身は「プロデューサの意向」と言ってます。 しかしそれにしてもこのアルバムはすばらしいです。ロックドラマーの リズムやストリングアレンジ等と絡み,彼自身の線の細目の ピアノのラインがストイックに響きます。

ブライアン・ブレイド

1970年生まれ,ドラマー。

この人はある意味この世代で一番売れているドラマーかも知れません。共演歴は凄いです。メセニー,ショーター等の巨匠をはじめ,ジョニミッチェルやボブディランにも使われております。個人的には去年の東京ジャズ2002でのショーターのライブでぶっとんで,ファンになりましたが,実は10年近く前にジョシュアと来日してたのをみてたようです…あらためてびっくり。

巨匠との共演は取り上げない…と書きましたが,この人のショータバンドでの演奏は凄いのでそれだけは書いておきます(^^;)…。とはいえ,チャンと若い人たちだけでやってるバンドもあったり(ジョシュアのところ),自分のリーダアルバムでも若い人を起用していたりして,単なる優秀なサイドマンではなく,みずからの音楽性もしっかりあるドラマーだという感じがします。

彼が多くの人から求められるのは,非常にダイナミックレンジが広く表現力のあるドラムが叩けるからでしょう。テクニカルなだけではなく,音楽的なドラムを叩きます。クラブ的な表現はこの人はやりませんが,それでも現在のドラマーでは目をそむけられないくらいの存在感があります。

アルバム紹介

Perceptul
自己のバンドFellowship名義の二枚目のアルバム。2管だったり, ギタリストがいたりとかちょっと規模の大きめのバンドで, 組曲と言うかアレンジに凝ったサウンドを聴かせてくれます。 カートローゼンウィンケルがいたりして,非常に存在感のある サウンドに寄与してます。なんかジャズというよりはジャズロック的ななつかしざらざらとした 感じのサウンドです。

エスビヨン・スヴェンソン

1964年生まれ。ピアニスト。ちなみに E.S.T. (エスビヨン・スヴェンソン・トリオ)という名のピアノトリオで活動してます。スェーデンの人なので,ほかに挙げているアメリカの人たちとはちょっと趣きが異ります。 Jazzlandとかと一緒に取り上げた方が良かったのかもしれませんが, Jazzlandとも違うし…。

基本的にE.S.T.で活躍している様で,ソロとかは知りません。あまり先人と比べるのは趣味じゃありませんが,キースジャレットが彼を高く評価していますし,スタイル的にもキースに共通するものがかなりあります。もっともヨーロッパのジャズピアニストにはそういう人が多いのですが…。ただ彼の場合ほかのキースフォロアーと決定的に違うのは,単なるピアノのプレイだけではなく,キースがかって取り組んでいた,ジャズピアノに現在の音楽(当時はフォークロック,現在だとクラブ)の要素を巧みに取り込み,新しいピアノバンドを模索しているところです。つまりキースのスタイルというよりは,モチベーション自体に影響を受けているのかも知れません。曲によってはリズムマシンとかを使ったりもします。

しかもそういう新規性を追求しながらも,ベースのピアノ自体のテクニックが抜群にすぐれているところも共通してます。ヨーロッパでは評価が高いようですが,日本はおろかアメリカでもあまり評価されていないようです。是非聴いて欲しいピアニストです。

アルバム紹介

グッド・モーニング・スージー・ソーホー
ジャズトリオでありながらスエーデンではポップチャートに 入ったりするe.s.t.ですが,このアルバムを聴くと たしかにうなずけます。抜群のピアノの音の美しさに加えて, かなりポップなメロディの曲,ロマンチックな曲など 結構聴きやすいサウンドです。しかし,所々に リズムマシンとかエフェクタを取り入れたりして,新しい サウンドへの追求も十分感じさせます。
ベース(特にアルコ),ドラムのテクニックも非常にすばらしく, 広く是非聴いて欲しいアルバム。
セヴン・デイズ・オブ・フォーリング
先日出た新譜で,あまりのすばらしさに,ここで数行で書くのは 惜しいので別途紹介させていただきます(_o_)。音楽性的には 上記の方向性ですが,より完成度が高くなってます。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Mon, 15 May 2006 19:07:56 JST (4752d)