FusionMusicLine


05.06.05 Crossover Japan 05


 このMLでもほとんど話題にならなかったCrossover Japan 05ですが、 e+で割引料金のチケットが出てたので、行ってきました。

 ちなみに客席の入りは、2階席(自由席)はガラガラ、1階席(指定席)は 4分の3くらい、アリーナはほぼ埋まっていたという感じでしょうか。昨年に 比べれば、かなりお客が減ったなあという印象です。再結成とかで古いファン にアピールするというのも、さすがに難しくなってきたのですかね。

割引するくらいだったので相当ガラガラを想像してましたが、 意外と入ってるなぁという印象でした。

NANIWA EXP with special guest村上てつや

 ナニワはCOJ03で再結成だったんですね。その時も感じましたが、新 しい音を創ろうという意識は感じられました。昔の曲だけではなく、ラッ プを混ぜたりして今の音を取り入れようとしている姿勢は面白かったと思 います。村上てつやはゴスペラーズの時程上手いとは感じませんでしたが、 「After the Love is Gone」のカバーにはツボをつかれてしまいましたね。

2曲目の途中くらいまでベースの音が割れまくってて、PA何やってん だぁって感じでしたね。あれでDVD化できるのかな。Lineの音は大丈夫?

AB'S

 当時の音を知らないのでよく分かりませんが、聴きやすく気持ちよ い音だったと思います。まあ、その分若干の物足りなさも感じましたが。

小林香織

 若い女性だけあって(?)、客席がやけに盛り上がってました。まあ可 愛いことは可愛いのですが、音自体は「パワーとテクニックに欠ける Candy Dulfer」という感じ。本人よりもバック(村上秀一、笹路正徳、野 村義男、日野賢二)の演奏がすごく面白かったです。

今後が楽しみですね。 :) まだ大学卒業したばかりだそうで。

ネイティブサン

 こちらも当時の音を知らないのですが、今回の出演者の中で一番ジャ ズだったなあという印象。ソロとかは聴きごたえがありました。

でも、リズムが揺れてて気持ち悪かった〜 p本田さんの発声も聞きづらく大丈夫!?って感じでした。

Non Chords

 COJ04がきっかけのユニットですが、打ち込み+perのリズムの上で うなるベースとサックスが、今風で結構面白かったです。メジャーデビュー 版が出ているようですが、きちんと聞いてみたいと思わせるものがありました。

KILLING TIME

 実は今回の一番の目当て。つい先日過去のアルバムがまとめて再発 されましたが、そちら同様実に個性的な音で面白かったです。リズムの奇 妙さとkeyの弾きっぷりあたりに、くらくら来てました。

これまで聞いたことがなかったんですが、一番良 かったですね。 完全プログレですね。 でも昔に聞いてもなじめなかったかも。。今はグッときました。 ドラムって青山純だったんですね。あんなに丸かったですっけ?

竹田和夫 クリエイション2005

 ここまでとはまた違った(ブルージーな)味わいで、面白かったで す。最後にやった「スピニングトーホールド」などライブで聴く機会は (多分今後も)ないでしょうから、そういう意味でちょっと貴重でした。

目的の一つでした。 ムー一族のテーマもやってくれて、懐かしさ倍増でした。 この後の井上堯之もそうですが、前半は最近の音楽活動の紹介、 後半(終わりの方)は、期待された昔の曲の演奏って感じでしたね。

T-SQUARE with special guest マリーン

 なんか「Truth」系のイケイケ的な曲が多かった気がします。この手 の曲はあまり好きではないのですけど。新加入のDsは初めて聴きましたが、 テクニックはすごいと思うものの、個人的にはあんまり好きなタイプでは ないので…。マリーンは結局「Magic」だけでしたね。それしかないのか と思いますが。

若干21歳で、あれはすごいでしょー 彼はスネアドラミングをやってたのかな。 スティックの両端を使うのはもちろん、ソロ中にスティック が宙を舞っていたのには笑いました。すげー。 BRASTのスネア集団に入っても違和感ないかも。 ソロも、トリガドラムを交えてたのかな。 発想も豊かそうです。 既に新譜に2曲提供してるとのことで、今後が期待されます。

ベースも24,5歳でしたっけ。 須藤と違ってTruthでちょっとイヤイヤ手を振りかざしてるのが 印象的でした。^^; 物怖じしない感じで、すごいことを簡単にやってのけますね。

この二人の組み合わせかなり強力だと思いました。 きっとまたそのうち巣立っていくのでしょう。 :)

DEPAPEPE

 最近売り出し中のギターインストデュオ。若いだけあって、勢いが あって面白かったです。こういう若手をどんどん出してもらえると、新し い音も聞けて新鮮でよいのですが。

神戸出身ということで盛り上げ上手でしたね。 ストロークの多いゴンチチって感じでしょうか。 曲はきれいです。

井上堯之 with friends

 これまた違った味わいでしたね。井上氏のギターは技術的にはとも かく、実に味のある音でした。最後の「太陽にほえろ」のテーマでは、客 席は異常に盛り上がってました。客席の年齢層は高いんでしょうねえ。

はい、キタキターって感じでした。 StartはSaxがいなかったんですが、途中藤井尚之を迎えて、 傷だらけの天使のテーマ、太陽にほえろ と続いて、目的達成。(笑) 途中、かまやつひろしも迎えてなつかしの曲もやりました。

高中正義CROSSOVER JAM with special guest 野呂一生

 ほぼ全曲で高中&野呂の共演が聴けたでしょうか。まあ面白かった と言えば面白かったのですが、音圧高すぎで結構濃いめのアレンジだった ので、何曲かでもう食傷ぎみでした。「ASAYAKE」も高中の有名曲(名前 失念)と混ぜたりして、企画としてはまあ良かったんでしょうけど、なん か色物過ぎるなと。

Blue Lagoonですね(笑) 代表的な2曲があんなにうまく混ざるとは。 というか、それだけ似てるって事か。 しっかし、つまらない話はするわ、野呂の紹介はしないわ、 どうも高中の態度はよくないですねー 最後、サーフィンギターに乗せてた人形はオランダ妻!? あきれました。 バックバンドで持ってるって感じでした。 でもその地位を築いたというのはすごいんだろうなぁ。

 という感じで、8時間程の長丁場でしたが、まあそれなりに楽しめ ました。今回くらい空いている方が、のんびり見られてよい気もします。  ちなみに今年のライブは録画されてDVD化される予定、来年の開催も決 まっているそうです。

By Meno : Jun. 7 2005
By Miya : Jun. 7 2005


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Tue, 13 Sep 2005 01:42:34 JST (4999d)